忍者ブログ
美月のお家へようこそ。日常のあれこれや、趣味の話。自作小説のこぼれ話&イラストをのせていきます。
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SSっいただきました!!

お久しぶりです。皆様。
またもや、またもや素敵なSSをいただきましたよ。

今回は青蛙さまです。
こちらのイラストにSSをつけてくださいました。


oreie1.jpg










今回はBL風のSSですっ(≧∀≦)
私がBL風もちょっと読んでみたい~とか言ったら、心やさしい蛙さまはしっかり私のハートを受け止めてくださいましたよ(ぇ?)

ではでは、さっそくご紹介。
お楽しみくださいまし^^

**********


「夏と少年」


 梅雨の合間の太陽は思っていたよりも日差しがきつくて刺すように感じる。

5月と違って、爽やかでもない背後に雨雲を隠し持っているような不穏な晴天。

「あっちー、上脱いじゃおうかなぁ・・・・」

 そう言って後ろからついて来る自分より頭ひとつ大きな少年に頭だけ向けた。

「やめとけよ、急に焼くと後で大変だ」

 冷静な声がしてなんとなくおもしろくなくて「ちえぇっ」と呟いた。期末テスト前の1週間。あっという間に

過ぎてこの土日が過ぎれば、月曜からテストだった。そこで二人して近くの図書館に行こうと朝早くに

待ち合わせしたのに、親友の杉田は僕の顔を見るなり不機嫌になっていた。

(なんだよ、一体。僕が何したって言うんだ)

 実は本当のところぼくは今日をとても楽しみにしていたのに・・・・。

 中学になってサッカー部に入った杉田はそれこそ毎日サッカーまみれになって小学生のときのように

 放課後一緒に帰る、なんてことはすっかりなくなった。

 僕は、ただグランドを横目で見ながら帰宅する毎日だった。

 小学生時代の僕は今よりずっと華奢で小さくて運動オンチで病弱――まるで苛めてくださいと狼の前に放り

出された羊みたいで、当然悪がきどもの攻撃対象になっていた。

 体を丸めて奴らの蹴りから身を守っていたある日、もう一発足が飛んでくるだろうと思っていたのに

急に他の場所から「いてっ」とか、「どすっ」とか音が聞こえて、びくついている僕の背中に暖かいものが

置かれた。

「おまえ、少しは抵抗しろ。でないとずっとやられるぞ」

 その声に顔を上げた僕にその子はにっこりと笑った。それが僕と転校生の杉田との出会いだった。

 ナイトよろしくいつも側に杉田がいたせいで、その日を境に僕はいじめから解放された。そんなことも

あって僕にとって杉田はあこがれの存在だった。

 勉強も出来て、運動神経も抜群の杉田は誰にでも好かれる。誰にでも親切で、誰にでも話しかける。

だけど僕はそれを見てだんだん苛々としていた。

(僕が一番じゃない)

 自分でも醜いと思って我慢してきた。嫉妬だと思うと情けなくもなる。何をやってもダメダメな僕の

友達・・・・いや、そう思っているのは僕だけなのか。

 きっと、杉田には大勢いる中の一人なんだ。毛色の違う変わった奴・・・そういう位置付けで。

 そう思うと苦しくて自然にメールもしなくなって、わざと登校時間をずらしたりするうちになんとなく話も

しなくなった。

 それなのに、未練たらしく視線はいつも杉田を追っていた。

 ペンをくるくる回しながら考え事をしている杉田。

 隣の女子が杉田の肩をつついて話しかけているのを笑ってかわす顔。

 後ろの男子がふざけて首に腕を回してきたときに抵抗するように曲げられた腕の筋さえ、目が

離せなかった。

 「明日、久しぶりに一緒に勉強しようぜ、佐々木」

 そう言われて思わず「わかった」と応えてから・・・・やっぱり断ろうと立ち上がった僕は、背中を向けた

杉田に声もかけられなかった。





 無邪気を装って歩く僕の背中に大きなため息が聞こえた。

「やめた、図書館行くのやめて、俺ん家で勉強しよう」

「え? 何で?」

 振り返ると、杉田はすでに歩き出していた。

「何でだよ、今日は朝からなんか怒ってるし。理由を言えよ、理由」

「・・・・・・・・」

「おい、杉田っ」

「おまえが・・・そんな格好してるから」

「え? ガキっぽかった?」

 お子様な格好をした僕と歩きたく無いってことかと落ち込む僕に充分に躊躇ったあと、杉田の声が

頭に降ってきた。

「足とか、背中とか見せてんじゃねーよ! 行くぞ、こらっ」

 首根っこを押さえられるように、大きな手が首に回されて引きずられるように僕は歩かされる。

「悪かったよ、ガキみたいな服着て。だから離せよ、おい、杉田」

 杉田の家の玄関に引き入れられてやっと手を離した杉田がぼそりと言った。

「おまえさ、今日の格好は俺以外には封印しろよ。自覚ないのにもほどがある」

「え? それはどういう意味?」

「似合ってるって言ってんだっ、ばかっ」

 赤くなった杉田の顔を驚いてみている僕は、奴の言ったことが後から体にしみこんできた。

 似合ってる・・・・そう言われただけなのに心臓が痛いくらい跳ねている。

 どうか、バレませんようにと思った僕の手が杉田に掴まれて腕の中に引き込まれた。

「ごめん。今だけ動かないでくれ。もう少ししたら、殴っていいから。気持ち悪いって思っていいから」

 苦しそうな声が降ってきて、僕は自分が言ったのかと思うほど胸が痛くなった。



********

かっぁ~。ラブだね。ラブ(*^∀^*)
杉田君がいいですよね。「似合ってるって言ってんだ、ばかっ」とか、せっぱつまった感じがナイスです。最後のセリフとか切ないよね~><
佐々木君はまだ自分の気持ちに気づいてない感じが可愛いっす。がんばれ杉田君もうひと押しだ!
と、応援したくなります。

青蛙さまっ!! 素敵なSSをつけてくださりありがとうございました。

掲載許可もいただけて幸せでございます。

こんな素敵SSを書かれる新婚青蛙さまのブログはこちら。
蛙の住処
http://aogaeru-1114.at.webry.info/


素敵なイラストも見ることができますよん。


拍手[0回]

PR

いやもう・・・
ご紹介ありがとうございます。
なんつーか、こんな素敵な爽やかHPに
BLなんか押し付けて申し訳ないです(汗

だって、可愛かったんだもん。
こりゃ、男から見ても可愛いんでないの?
と半分男の(笑)蛙は思ってしまいました。
愛田さまの優しさに甘えて作ってしまいましたが
もー恥ずかしいです。
ありがとうございました!!
青蛙さまへ
こちらこそ、素敵なSSありがとうございました。

本当嬉しかったです。
そして、楽しく拝読させていただきました。
ドキドキです。実はこっち系も結構好きなので(^^)

本当に、本当にありがとうございました(≧∀≦)
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
本館(HP)&小説一覧

↑新サイト



↑旧サイト

mituki_aをフォローしましょう

↑小説更新情報などつぶやき中♪

(^_-)-☆
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
愛田美月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書にイラスト&小説書き。
自己紹介:
kinki kidsと板野友美ちゃんとリラックマが大好き(*^^)v
このブログでは、自作小説の創作話や自作イラストの公開をしています(^_-)-☆
本棚(*^^)v
最新コメント
[07/19 愛田美月]
[07/08 黒雛 桜]
[05/28 愛田美月]
[05/18 くろひな]
[02/16 愛田美月]
BOOK
バーコード
アクセサリー
(*^^)v

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne