忍者ブログ
美月のお家へようこそ。日常のあれこれや、趣味の話。自作小説のこぼれ話&イラストをのせていきます。
[264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近況とステキSSいただいちゃいました♪

皆様お久しぶりでございます~(*^_^*)
愛田です。

あいも変わらず、忍者さんのブログの画像挿入やら、ファイルのアップロードやらのアイコン(?)が機能せずで、本気で忍者さんからブログを撤退しようかまよっております。

だって、面倒臭いんだもん。

面倒臭いんだも~ん。

基本的に面倒くさがりなのですよ。私は。ふふん♪(←?)

え~。まずはご報告。ツイッターでちょっと呟きましたが、和風小説企画の小説が昨日書き上がりました^^v
書き上がりましたが、まだ推敲していないので、これからどんどんと変更を書けていかないといけないなぁ。な、感じです。

とりあえず一区切りついたので、以前書いたフリーイラスト。
えっと、こちら。



に、伽砂杜さまがとっってもステキなSSをつけて下さったのです。

伽砂杜さまから掲載許可をいただきましたので、こちらでドドンとご紹介したいと思います。
それでは、はじまりはじまり~(*^^)/~~~

*******

いつから、こうしているだろう。
空は手を伸ばせば届きそうだというのに、仰ぎ見る事しか出来ない。
魔方陣の中、もう何十回季節が過ぎただろう。

「どうしてそこにいるか、わかりましたか?」

 頭の中に、男とも女ともつかない声が響く。
私は、首を横に振った。
美しい歌声と呼ばれた声も、いつからか出なくなっていた。

 人間を、助けた。
死にかけていた老人の手紙を、孫に届けた。
ただ、それだけだった。
老人は、私の歌声を唯一聞いた人間だった。
涙を流す姿が、少しうらやましかったし、嬉しかった。

「もう少し、そこにいなさい」

 いつものように、気配とともに声も消えた。
今度は、何回の季節を眺めていたらいいのだろう。
平等とは、何をもっていうのだろうか。
地に縛り付けられた。後悔はない。

 小鳥が絶え間なくさえずり、近くの木々で騒いでいる。
真似るように、口笛を吹いた。
出ないと思っていたが、透き通るような音が、響き渡る。
驚いたように、小鳥は私を見ていた。

 彼らにも、私が見える。

 もう一度、空を見た。
翼を動かしても、風は生まない。
それでもいい。と、私は思った。

 *****


ね、ね、ね~!!!
すっごくステキなSSでしたでしょう?!
切ない、切ないお話で、でも心あったかくなるような。
SSで見事に表現されていますよね~。

このイラストにこんなSSをつけていただけて、本当に嬉しいです。伽砂杜さまステキSSを本当にありがとうございました~♪


母が、ご飯食べろ食べろとうるさいので、それではこの辺で失礼いたします(ToT)/~~~

拍手[1回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
本館(HP)&小説一覧

↑新サイト



↑旧サイト

mituki_aをフォローしましょう

↑小説更新情報などつぶやき中♪

(^_-)-☆
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
愛田美月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書にイラスト&小説書き。
自己紹介:
kinki kidsと板野友美ちゃんとリラックマが大好き(*^^)v
このブログでは、自作小説の創作話や自作イラストの公開をしています(^_-)-☆
本棚(*^^)v
最新コメント
[07/19 愛田美月]
[07/08 黒雛 桜]
[05/28 愛田美月]
[05/18 くろひな]
[02/16 愛田美月]
BOOK
バーコード
アクセサリー
(*^^)v

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne