忍者ブログ
美月のお家へようこそ。日常のあれこれや、趣味の話。自作小説のこぼれ話&イラストをのせていきます。
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またまたバトンだよん^^

今回もバトンを拾ってきました。前回のバトンは徳山さまと黒雛さま宅からいただいたものでした。書くのを忘れてたのでここで。

実は2・3日前にこのバトンを書いたのですが、なぜか2番目のキーワードが消えていました。
しかも気付かず書ききってしまい、流れ上、2番目を盛り込むとおかしくなりそうなので、2番目だけ続きに書きます。
以下から2・3日前に書いたものになります。


恥を捨てろ 考えるなバトン

【注意】
これは常人には精神ダメージがかなり大きいバトンです。
見る時は5回ほど深呼吸をし、覚悟を決めてから見てください。
以下のキーワードを絡める(もしくは連想させる)
口説き台詞を自分で考え、悶えながら回答して下さい。
答える生け贄もとい勇気ある人々にこの言葉を送ります。
【恥を捨てろ、考えるな】
*リアルで言ったら変人扱いされるようなキザ台詞推奨*


はい、と、いうことで。光太朗さま宅よりいただいてまいりました。
口説くということですから、女性の私より男性のセリフのがいいよねと思いまして。
今、『三兄弟~』執筆中で頭が三兄弟に占領されているので(ぇ
『三兄弟~』の主要キャラ三人に、セリフを言ってもらいます。

三人「めんどくさー」

■キーワード1 『雪』

―雪だって。じゃあ、今回は光。あんたからね。

光「はいはい」
空&海「うっわ。すっごい嫌そう」

光:一面の雪景色だ。あたりを舞う雪の幻想的な美しさ。見事としか言いようがない。・・・・・・でも、今はそれも霞んで見えるな。
女役 海:え? どういうこと?
光:君が僕のそばにいるからさ。この美しい雪景色すら、霞ませてしまうんだね。君は・・・。(手をとりじっと眼を見つめる)


海「俺、おまえに言われたら落ちそうやわっ。光様~」
光「うわっ、気色悪いこと言うな、それから抱きつくな」

空(爆笑中)

 

■キーワード3 『花』

―花は~。じゃあ、海にやってもらおうかな。コレ台本。

海「おっしゃ、まかせてや」


海:この花、お前にやるわ。
女役 空:わあ、ありがとう。摘んできてくれたの?
海:ああ。そうや。小さくて可愛い花やろ? 誰かに似てるなーって思ってつい摘んできてしまったんや。
空子:誰かって?
海:そんなん。お前にきまってるやん。俺が手にしたいと思うのはいつもお前だけや・・・。
空子:海・・・・・・。

光(横を向いて笑いを堪え中)
空「だーはっはっはっ。ウケるっ。笑いこらえんのに苦労した~」

海「これ、ある意味罰ゲームちゃうん」

 ―いや、おいしいよ。海、グッジョブ!!

■キーワード4 『鳥』

―鳥は、この流れで行くと空だよねぇ。
空「俺、やりたくねー」
海「ファイトやで空」

空:これはインコだな。
女役 光:そうね。でもずっと鳥かごの中なんて可哀そうね。
空:そうかな。俺はそうは思わない。
光子:え? どうしてよ。
空:君は思うことないかな。大好きなものはずっとそばに置いておきたい。傷つかないように、守りたい。ずっと部屋に閉じ込めておければいいのにって。
光子:・・・・・・。
空:誰からも見られないように、俺のそばでずっと・・・。閉じ込めておければいいのに、君を。


―光子の『・・・』台詞の入る前くらいから、頬に手をやるとベストかも。あ~。体がかゆくなる~。

空「おれ、ペットショップ近寄らないから絶対いわねーな。このセリフ」
海「ほんまや。おまえ動物アレルギーやもんな。くしゃみで何言ってるかわからんやろうな実際やったら」
光「なんで僕が女役まで・・・」
 

■キーワード5 『風』

―さて、お次は・・・。

三人(自分じゃありませんように)


―空、いっちょいってみよー。
海「やってみよー」
空「なんでだよ。さっきやったばっかじゃん。俺!」
―前言撤回・・・なーんてしません。さっさとやりんしゃい。
光(僕じゃなくてよかった)

空:風、冷たくなってきたな。
女役も空:そうね。冷たいわね。
空:あっためてあげようか?
空子:え?
空:ほら、こうやって手をつないだらあったかいだろ。・・・なんてね。本当はこうやって手をつなぎたかったんだ。ずっと。

海「口説いてるんか? これ」
―うん。お触りは重要なポイントじゃない?
空「っていうか、なんで独り芝居させんだよ。すっげーはずかしかったんだからなっ」
光(背を向け肩を震わせている。きっと笑いをこらえてるんだ!!)


■キーワード6 『無』

―無かー。どうしようかな。じゃあ、海やってみて。
海「一人二役はいややで」
―わがままねー。じゃあ、光やって。
光「ことわれ・・・、ないんだな」
―わかってるじゃない(にっこり)

海:むしょうにお前に会いたくなったんや。
光子:え? どうして?
海:夢をみたんや。暗くて何にも無い場所で一人やった。
光子:・・・。
海:その時、むっちゃ淋しくて。そして、むしょうにお前に会いたなったんや。
光子:海・・・。
海:もう、俺、お前無しでは生きて行かれへん。

光「って、なんで、また抱きつくんだよ」
海「いやー。なんかこう、ムラムラと」
空「それってやべーよ」


 

■キーワード7 『光』

―光っていやー、もう光しかいないでしょう。
光「やっぱりな。そう来ると思った」
海「単純やなー。ミッキー」
―ミッキーてネズ公のことかい?
海「ちゃうちゃう。愛田美月の美月、略してミッキー」
空「略してねーよ」

光:君はまるで光だな。
空子:え? 急にどうしたの。
光:君は無自覚なのか? 君は自分がどんなに光り輝いているのか知らないんだ。幾億個もの宝石を集めても、幾億の星々が束になったって君の光には敵わない。
空子:光。
光:君はいつも僕をその光で癒してくれる。僕にとって、君はいつまでも一緒にいたいと思える存在なんだ。・・・ずっと一緒に、いてくれるね。
空子:はい・・・。

空「はっ!! 今、無意識にはいって返事しちゃったよ」
海「恐るべしやろ、光のフェロモン。くらくら~って、光やったらいいかなって思うやろ」
光「だから、気持ち悪いこというなよ」


■キーワード8 『水』

空「今度はミッキーがやってよ」
―ちょ、ミッキーってあんたまで。
海「いいやんミッキーで。ってことで、やってや。」
―むー。もう、しょうがないな。やってみるか?

みちゅき:ねぇー。光ぉー。水飲みたいなー。
光:これでいいか?
みちゅき:もう、わかってないなー。ペットボトルじゃなくてぇ。
光:?
みちゅき:口うつしで♪

光(固まる)
海(同じく固まる)
空(同文)
 
―いやいや、固まらないでよ。変人扱いされるような気障台詞でしょ? お題。

光「どこが気障だ。これじゃ、ただの変人だっ」
―いや、実際にはこんなこといわないからね。本当に、だってこれは『みちゅき』のセリフだからね。ほんとうだよ。ほんとだからね。皆様。


■キーワード9 『火』

空「よし、ミッキーにもう一回チャンスを与えてやろう」
海「おっ、ええな。そうしよ」
―あんたたち、自分がやりたくないからって、私にふってない?
空&海「ふってな~い。ふってな~い」
光「また、僕が相手役か」
―はーい、そこー。嫌そうにしなーい。

みっちゅ:ねえ、そこのあなた。
光:僕ですか?
みっちゅ:そう、あなたよ。ねえ、あたしと燃えるような恋、してみない?
光:結構です。

空「あーあ。振られちゃったよ」
海「当然の結果やな」
―私、口説くの得意じゃないみたい。
光「そうだな。もうやめといた方がいいだろうな。回りが迷惑だから」
 

■キーワード10 『時』

―よーしっ。やっと最後だ~。最後はやっぱり三人で皆様に向けてやってみよう!!

三人「やった~。これで終われる~」(心の叫び)


空:時間は、なんてあっという間に過ぎるのかな。あなたと同じ時を過ごせてとても楽しかったよ。
海:お前と過ごしたこの時は俺の一生の宝物や。
光:君といる時が永遠ならいいのに。もう、離れてしまわなければならないなんて、悲しいよ。

三人:また、逢えるよね。きっと。

―はーい。お疲れ様っした~。
三人「っした~」

■このバトンを回す生け贄5人

うっふふ。だっれにしようかなぁ~。

なーんちゃって。
長いので、フリーで。
でも、なかなか面白かったっす。
最後の方完璧にふざけてます。すみません。

え? 最初からふざけてるだろうって? あはは。あはは、うふふ~。
笑ってごまかしてみた(笑)


はい、本当はここで終わるはずだったんですが、前述したように、なぜか2番目のキーワードの月が消えていたので、続きにかきます。

拍手[0回]




はい。ではさっそくいきます。
さくさくと。

■キーワード2 『月』

あなたの瞳に映っているのは、あのきれいな月だけど。
いつかあなたのその瞳に私を映してくれないかな?





ギャー
もう、もう、ごめんなさーい

無理無理無理無理、無理です。
キザって何? どうすればキザになるの?
こ、これでも頑張ったんです。

ただでさえ寒いのに、寒くさせてごめんなさーい。
凍らないでね;
 

PR

と、鳥に……!
鳥になるところでした! でもキザでも変人でも3人がかわいい……!! 女役まで……(ホロリ。笑。
というか愛田さま自らのセリフにメロドキュン!! く、く、くくく口移しで──!!!!??(落ち着け

いやもうごちそうさまです!! しばらく浸ってよう(笑
光太朗さまへ
鳥になりそうですよね。お肌が(笑
か、かわいいですか? よかったです。
女役までやってもらっちゃいました。面白いかと思って(^^)v

く、口うつしの下りはもう勢いですよ。は、はずかし~。
忘れてください~(笑
ほわ~~!
女役までこなす三人! けなげだ……でも面白かったです~(笑
みんな光くんにメロメロ~(///▽//)
愛田さまの参加でヒートアップ!!(壊
ぞわぞわしちゃいましたが、尊敬です!
やっぱり三人がかわいくておもしろくて♪

あ、あの……じつはですね。
楓&コマさんのイラストをいただいたんですが。
小さい画像しか残っておらず><
HPに頂き物イラストを作ったのですが、小さい画像(160×160)で申し訳ないですが、載せてもよろしいでしょうか?
大きな画像って、残って……ませんよね><
本当に失礼な書き込みで申し訳ないです><
伽砂杜さまへ
ながーいバトン読んでいただきありがとうございます(*^_^*)

イラストはですね~‥。す、すみません。前パソで描いたイラスト全て消しちゃったんです~(泣)私も自分のホムペに載せようと思ってないことに気づきました。

イラストは載せていただけると嬉しいです。
きゃーはーっ(o´∀`o)
黒雛、この三人&愛田さまのバトンのやり取りが好きです(*´∀`*)
にしても今回は…!笑
みんなお疲れ様でしたっ(笑

光くんのフェロモン、威力絶大だ…!!
黒雛もくらくらしました(笑
さすがは恥を捨てろ~~~バトンですっ
いや、ワタクシはむしろ寒くなるより、熱くなりましたヨ★オイ
黒雛さまへ
ありがとうございます。
バトンは本編と違って思いっきり遊べるので書いてて楽しいです。

な、なんと!!
光のフェロモン、黒雛さまにまで影響が?!
光ってばすごいわ(笑

熱くなりましたか? よかったです。寒くなるよりはましですよね(^^)ほっ
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
本館(HP)&小説一覧

↑新サイト



↑旧サイト

mituki_aをフォローしましょう

↑小説更新情報などつぶやき中♪

(^_-)-☆
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
愛田美月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書にイラスト&小説書き。
自己紹介:
kinki kidsと板野友美ちゃんとリラックマが大好き(*^^)v
このブログでは、自作小説の創作話や自作イラストの公開をしています(^_-)-☆
本棚(*^^)v
最新コメント
[07/19 愛田美月]
[07/08 黒雛 桜]
[05/28 愛田美月]
[05/18 くろひな]
[02/16 愛田美月]
BOOK
バーコード
アクセサリー
(*^^)v

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne